サーキット走行

筑波サーキット コース2000 1回目

今日は、筑波サーキットに行ってきました。
初の筑波である。

f0153703_2140234.jpg

午前は少し曇ってたが、走行開始の午後からは良い天気で、気温も26度くらいと、まぁまぁ。
路面温度は40度前後とちょうど良い。


俺は筑波ライセンスを持ってないのだが、高い金をだしてライセンスを取っても、フリー走行券の入手が非常に困難という話を良く聞くので、それならばと今回はライセンス不要なライコランド主催の走行会に参加なのだった。


とりあえず、国際サーキットで自分のバイクで走りたいというのがあるので、こんなんで良いだろうと。
ちなみに、過去にミニバイクで茂木を走ったことがあるが、やはりミニバイクだと物足りなさ全開である。




目指すは1分5秒台!

といいつつ、ST600クラスの市販車ベースのレーサーでも1分3秒~6秒で周回するらしいので、筑波初走行な上、600ccドノーマル車両で5秒というのは、かなり高望みな目標ではある。
とりあえずは、トミンサーキットで慣らした腕が国際サーキットでどこまで通用するか、肩慣らしということで。



f0153703_21454015.jpg

ラップタイマーも装着して準備万端!



余談だが、国際サーキットを初めて走ることを経験者に言うと、必ずといって良いほど
「コース幅が広いからね~最初はどこを走れば良いかわからないよ~」
と上から目線で言ってくる。
茂木の時も筑波の時も、違う人間に全く同じことを言われたことがあるが、これは何かのお約束的なものなのだろうか?
俺から言わせれば、コースの配置や、コースについたタイヤの跡をみれば、レコードラインがどの辺りなのか大体わかる。なので、「どこを走ればいいかわからないヤツはよっぽどコースを見極める才能がないのだ。お前もな!」と言ってやりたい。



f0153703_2146276.jpg

参加台数80台以上で3クラス(初級・中級1・中級2)に分かれての走行なんだが、俺はは中級2を選択。
申し込み時は、筑波初走行ということもあり、遠慮して初級クラスを選択してたんだが、なんか空気が違うなーとww
結果としてはクラス替えして正解!
中級2でも、無駄に膝をすることに執着してペースが遅い車両が多くて、クリアラップを作るのが大変。



f0153703_2146778.jpg

全日本125ccチャンプの坂田選手(今は監督)がお呼ばれしていてました。
そんな坂田さんがつぃーっと目の前を通過。
撮り遅れました。






このイベントでは、20分を3本走れるんだが、、
まずは1本目!

3周の完熟走行後にグリーンフラッグ!スロットル全開!
うぉー、国際サーキットの広さだと600ccではパワー不足を感じるぅぅ~。

とりあえず、ブレーキポイントがわからんので、探りながら慎重にコーナーをクリアしていく。
まぁ、だいたいブレーキタイミングが少し早くて、コーナー入り口で失速しちゃってるんですがっww

あと、トミンとは違って、最終コーナーとか3速とかの高いスピードでクリアしていくんで、スピードレンジが未知だったんだが、走ってみるとフロントもリアもタイヤが滑る滑るww
コース幅が広いからスピード感覚が鈍くなって、若干オーバースピードだったのかもしれんが。
最初は少し戸惑ったけど、まぁあとは慣れですな。
気にせずフルバンクで突っ込んでいって、ちょー興奮しました!

結果1本目のベストは1分14秒…
遅いバイクがコーナーで団子状態だったんで、クリアラップを出せる状況でもなく、こんなもんかなと。





で、2本目!
完熟走行は坂田さんとインストラクター数名が担当するんだが、俺はすかさず坂田さんの後ろに陣取るww
流し走行とはいえ、プロの後ろを走れるってのは感動ものです!

坂田さんに先導してもらって完熟走行3周した後に、グリーンフラッグ!
坂田さんは俺たちに道を譲って、俺たちはスロットル全開!

坂田さーん!俺の走りを見ててね~☆
てなキモすな言葉を脳内で発しながら第1コーナーに飛び込むw

景気良く飛ばして、気がつくと先頭はネイキッド(車種はXJR1300かな?)との一騎打ち!
これが意外と速くて、コーナーで追いつくんだが、直線で引き離されるぅぅ~
まぁ、排気量が倍以上も違うんで、しょうがないのかなと。

4周くらい回った最終コーナーにて、後退したはずの坂田さんの駆るBMW S1000RRがインをすげースピードで刺してゆく!!
げげっ!はっえーー。

さすがプロです。
しかも125ccの筑波レコードラップホルダーという…なんという。。

結果2本目のベストは1分10秒50くらい…
クリアラップのわりに、タイムが伸びないなー。
まぁ、ブレーキポイントをまだ探りながらだし、ハードブレーキは全くできていないので、こんなもんかなーと。
20分の時間内に走れる周回って、完熟走行を除外すると10周程度なので、全然学習できないしー。




で、3本目!
もちろん坂田さんの後ろに陣取って完熟走行後にフルスロットル!!
またしてもキタ!ネイキッド!(車種はやっぱりよくわからん。。XJR1300なのかな)
その後ろからも黒いSSが!(車種は、たぶんCBR1000RRかな)
あと、白いレーサーが抜いていきました。。。(車種不明。加速からするとおそらく1000cc)
まぁ、排気量が違うし、まともに相手にしてもしょうがないなーとか言い訳しつつ、
まずは自分のペースでベストラップをたたき出すことだけを考えることに。

そしたら、また坂田さんが1コーナーでぶち抜いていきました!!
ちょっおまっwwはえぇー。

俺を抜いていった奴らも坂田さんにぶち抜かれてましたww
まぁープロは次元が違うわな。

f0153703_23181156.jpg

結果3本目のベストは1分10秒05
またしてもクリアラップのわりに、タイムが伸びないなー。
まだブレーキポイントを探りながらだし、やっぱりハードブレーキは全くできていないので、こんなもんかなーと。
ブレーキもそうだが、まだかなりの安全マージンを取って走ってるので、5回くらい筑波に通えば、この安全マージンを徐々に削って行って、2,3秒はタイムを縮められる自身はあるんだがなぁ。
特に最終コーナーは全然突っ込めてないし、Vの字でクリアしたいのに全然ラインが思ったところにいけてないので、ここを修正するだけで0.5秒は余裕で削れそう。


ちなみに、筑波公式によると、2輪ファミリー走行参加基準タイム(1周)は、、、
● 『上級クラス』 1分10秒~15秒まで
● 『中級クラス』 1分15秒~20秒まで
● 『ビギナークラス』 1分20秒~
ということらすぃーので、上級クラスのタイムですね☆




f0153703_23224269.jpg

f0153703_23224558.jpg

今日のタイヤチェック☆

トミンの時と変わらず、相変わらずマイルドな溶け方ですな。
高速コーナーでタイヤの消耗が激しいかと思ったんだが、そうでもなかったな。
俺よりもペースの遅いのに、タイヤがガビガビに溶けてる車両を見ると、なんだかよくわからなくなってくる。
もしかして、俺がタイヤを使えてないんじゃなく、むしろタイヤを丁寧に上手に使えてるんじゃないかと。





最後に坂田さんとキャンギャルで景品争奪じゃんけん大会が催されました。
俺はどうでもいいようなTシャツとかGETしたんだが、肝心な高額アイテムは尽く負けましたww

でも、いい思い出ができた。あー楽しかった。
できればもっと通って1分5秒台までは行きたいもんだが。



ちなみに、今回は5台ほど転倒してました。
身体には特にダメージは無いようで、良かった良かった。平和だなぁ。
[PR]
Commented by 宮ちゃん at 2011-06-08 08:18 x
お疲れ~。

20分3セットってことは丸1時間も走ってきたってことですな!
ぼくだったら集中力切れて転倒台数に1台追加になってそうw

なんかこのコースだとぼくのZZRでも楽しく走れそうですのぅ♪
Commented by maxvmax at 2011-06-08 10:13
直線で速いだけだったら、別にサーキットでなくても、、、というところではあるので、コーナリングを楽しめるマシンのほうが良いよ
by maxvmax | 2011-06-07 22:00 | サーキット走行 | Comments(2)

けんじの趣味日記


by maxvmax
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31