MV Agusta F4

MV F4 ツーリング向けにA/F値をいじってみた

MV F4 ナップスでパワーチェック再び!
f0153703_20550715.jpg
お盆に予定している秩父~諏訪のソロツーリングの準備だ。
燃調を燃費重視にしたので、A/F値の測定をば。出力値はぶっちゃけどうでもいい。

f0153703_09454969.jpg
俺の使っている空燃比計だと、F4のマフラー形状で正しく測定できないのでね。

f0153703_13420592.jpg
ノーマルマフラーにオープンサイレンサーEPROMでの、
燃調ボリュームスイッチを薄めに振ってみたのだが、はてさて。

f0153703_20550264.jpg
ナップス東八は快適。
ソファーまで追加されて、まるで自宅のようなくつろぎ空間で待機。

f0153703_20550495.jpg
いよいよ計測開始かな。

f0153703_20550608.jpg
近くにマックがあるので、くつろぎ空間が加速する。

f0153703_20550715.jpg
で、計測開始なのだが、
全開後の全閉でアフターファイアがパンパンどころか、バンバンと出まくり!炎が出まくってましたよ。
明らかに燃料が薄い。エンジン壊しそう~。
アイドル状態でA/F値が15.5とか。。。しくじったな~

f0153703_20550974.jpg
アイドル15.5、フルアクセルで低回転は15、、薄すぎる。
フルアクセルの高回転は13.8、、、こちらは小杉、、いや濃すぎだな。
なるほど、ノーマルマフラーだと抜けが悪いから、高回転は糞詰まって濃くなっちゃうんだな。これはしょうがない。
んで、ツーリングで燃費重視とするなら、常用する低~中回転でストイキになるようにボリュームスイッチを調整するのが良さそうだ。

ちなみに、これまでマフラーを色々替えたり、マップや燃調を変えたり、色々試してきたが、
今回のダメダメセッティングが一番高出力だったというww
しかも、真夏の空気密度なので、パワーは一番でない条件のはずなのに~
謎すぎる。
ノーマルは偉大ということなのか。
いや、少なくともEPROMはノーマルではないな。

f0153703_20573734.jpg
これはモトコルセの価格が糞高いチタンサイレンサー&オープンサイレンサーEPROM&出力空燃比に調整したときのやーつ。
空燃比的にバッチリセッティングが決まった感じ。あと0.5濃くても良いかなーって感じだが。
気温も低めだし、一番パワーが出ていい条件なんだけど、イマイチだったな。
102馬力

f0153703_15202537.jpg
これはマフラーもEPROMの燃調マップもすべてがノーマル状態なのだが、A/F値が薄すぎでまじヤバイ感じ。
101馬力
これで高回転ぶん回してたらエンジン壊れますわ。


結論としてノーマルEPROMはありえないA/F値の推移を示すので、ダメダメですね。
ノーマルマフラーだとしても、オープンサイレンサーEPROMのマップが好ましい。
んで、モトコルセの高いチタンサイレンサーはパワーアップにあまり貢献してくれないので、微妙~ってことかな。



[PR]
by maxvmax | 2017-07-26 21:44 | MV Agusta F4 | Comments(0)

けんじの趣味日記


by maxvmax
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31