ブログトップ

中華インカムとSHORAIバッテリー

春のツーリングに向けて、宮ちゃん家でお互いのインカムをペアリングするテストをした。

f0153703_09294573.jpg
そーいえば、前日にMV F4のバッテリー交換をしたのだ。宮ちゃんに自慢するためにシートカウルをパカっとね。
SHORAIのリチウムフェライトポリマー、LiFePO4バッテリーだ。
LiFePO4は電動ガン用のバッテリーとして経験済み。1セルあたり3.3V、4セル直列で13.2Vを発揮する。
鉛バッテリーと同じ14~15Vの充電電圧なので、そのままリプレースが可能だ。
んで、純正鉛バッテリー9Ahの容量と同格のを選んだら半分くらいのサイズでスッカスカ。
シート下に物を入れられそうなスペースが空きました。
重量も3kgから0.5kgに減量。

f0153703_09294994.jpg
んで、5000円で買った中華インカムと、宮ちゃんの3万円以上もするB+comとでペアリング成功。
ただし、中華なほうはBluetoothのミキシング機能が無いので、複数繋いだ場合は切り替えスイッチを押すのが必要で、バイク乗っててグローブ越しに小さいスイッチを押し分けることなんて不可能なので、実質一人としか会話できない。
あと、ナビはミニジャックで繋いでこれはミキシングしてくれるのだが、音量が足らずにナビ案内が聞こえない。
これは課題だな、、、ポータブルアンプつけるしかないか。

f0153703_09294654.jpg
というわけで、インカムテストするため、ちかくのナップスへGO!
街なかでも500mくらい離れて全然会話できるので、実用的に問題なさそうだ。




[PR]
by maxvmax | 2017-02-19 18:28 | MV Agusta F4 | Comments(0)