ブログトップ

富士登山2018

日本人なら死ぬまでにやっておきたいこと。

f0153703_19173462.jpg
富士登山だ。

宮ちゃんとタケの3人で登る計画を冬から進めていた。
新宿にある「やまどうぐ屋」で事前に借りる予定の装備をフィッティングしたり。

富士山を登れる時期は8月9月と意外と短かった。

f0153703_19171871.jpg
クラブゲッツというところで、9月にツアーを予約。8合目の良い場所の山小屋を確保してくれるので、ツアーは良い。
渋谷のメキシコ料理屋で集まって登山の計画を。
といっても登山に関する話は5分程度しかしてないけど。

f0153703_19171969.jpg
なぜかタクシーで5合目まで。。

5時起きなのに、目覚ましが鳴らずに8時に起床ww
6時半集合の新宿発のツアーバスに乗り遅れるwwww

大急ぎでレンタカーを借りて9時に出発!後を追いかける!
マイカー規制中なのでそのまま5合目まで行くことは出来ず、富士山麓駐車場からタクシーに乗り換えってこと。

中央道が渋滞しててバスがスピードダウンしてるってタケからLINEがあっての、
俺は東名道からなんとか1時間遅れで5合目で合流。

登り口は吉田口。富士スバルラインで5合目まで。



f0153703_19171917.jpg
富士山閉山間近の休日ということもあり、人が多い。

f0153703_19172068.jpg
天気はなんとか持ってくれて、晴れ間も見える。

f0153703_19172088.jpg
ゾロゾロと。

f0153703_19172175.jpg
7合目から山小屋がポツポツと。
俺たちの止まる8合目まではまだまだ遠い。
ってか、ここに泊まる人は、明日の朝のご来光を見るために、相当登らないとダメってことか。大変だなー。


f0153703_19172279.jpg

f0153703_19172233.jpg
岩場をどんどん登る。登山らしくなってきた。

f0153703_19172307.jpg

f0153703_19172346.jpg
岩場が続く。


f0153703_19173206.jpg
天空に来たって感じ。

f0153703_19173360.jpg
ようやく8合目へ。
ここまで4時間くらいかな。

f0153703_19173324.jpg
草木が生えない高度

f0153703_19173430.jpg
山小屋をどんどん通過。
俺たちの泊まる山小屋はずいぶんと山頂に近いところらしい。

f0153703_19173462.jpg
3200mを越えました。

f0153703_19173584.jpg
ようやくついた、泊まる山小屋。

f0153703_19173517.jpg
夕食はカレー。
量は少なめ。

f0153703_19173634.jpg
相当良い山小屋らしい。ツアーだからこそ。
個人では予約することはほぼ不可能。

で、山小屋はチョー狭くてギューギュー詰め。
隣と肩が触れ合う距離で仮眠を。
タケのイビキが煩くて最悪w
ほとんど寝ること出来ず、しかも大雨でご来光どころか山頂のお鉢めぐりも出来ないという状況。

で、雨の中下山。。。


f0153703_19173676.jpg
下山。

f0153703_19173791.jpg
上りより下りの方が脚にクる。

f0153703_19174429.jpg
ようやく5合目に。
着替えて借りた装備を返却して帰路へ。


f0153703_19174463.jpg
変える前に5合目の神社で無事帰ってこれたことの感謝と報告を。

f0153703_19174532.jpg
ずいぶんお金をかけてる。

f0153703_19174553.jpg
俺だけ麓までシャトルバスで駐車場に戻る。
そして、ツアーで寄ることになっている旅館で二人と合流。旅館の風呂がツアーのメニューに入っているのだ。
旅館の近くの吉田うどんで空腹を満たす。

f0153703_19174619.jpg
麺がほうとうみたいな食感で、吉田うどん美味いぞ。

f0153703_19174688.jpg
そして、近くの別のお店にハシゴ。

f0153703_19174716.jpg
もつ煮が異常にうまかった。

f0153703_19174702.jpg
カツ煮定食を3人で分け合って食べていい感じの満腹感。

風呂の後はツアーから離脱して、3人で俺の乗ってきたレンタカーで帰路へ。

f0153703_19174849.jpg
そして帰宅。
登頂できてないけど、証明書もらえた。
まぁ、ツアー客へのせめてものの慰み的な?

割と満足だけど、やっぱり山頂は行きたかったかも。
天気の良いタイミングでリベンジしたいな。





[PR]
by maxvmax | 2018-09-02 20:11 | 日常 | Comments(0)