人気ブログランキング |
ブログトップ

新型SuperSix Evoの考察

f0153703_17593815.jpg
2011年のSuperSix HI-MOD
フレーム重量は許容範囲だし、剛性も申し分ない。
BB30で言われるネガな部分も、自分の優秀な組付けで問題は出てないしで、
ポジションの出しやすさやデザインの良さなど、メリットが先行していてお気に入りだ。

だけど、最近のロードバイクのディスクブレーキ化の波に俺も乗りたいと思っている。
インパクトだけでメリット薄な最新装備には目も向けない俺だけど、ディスクブレーキだけはメチャ欲しい。

何故かと言うと、ヒルクライム後の下りでのブレーキが非常に苦行だからだ。
また、リムもカーボン化したいのだけど、カーボンクリンチャーやカーボンチューブレスとかトラブルの元になるようなものは欲しくない。
とはいえ、チューブラーはパンクしやすい割に予備のタイヤを持っていくのが辛い。

パンクのしにくさでいえばチューブレスタイヤ一歩先んじてるかな。
というわけで今の所、カーボンのチューブレス対応ホイールでディスクブレーキなのが最強だと思ってるわけだが、

そうなるとフレームはどれにするのかが課題になってくる。
SuperSix Evo HI-MOD Discは、リアがクイックリリース仕様という変態仕様で、対応するホイールの入手が無理ゲーだし、、、

とか思ってたら新型SuperSix Evoが!
リアもアクスルシャフト仕様になって、市販の一般的なホイールが使用できるようになるってことで、興味津々。
早速近くのショップで見学してきた!


f0153703_17592551.jpg
ありました、新型。
残念ながら従来のキャリパーブレーキなStandardMODで105仕様だけど、フレームの構造を知るのであれば問題なし。
マジマジと観察をば。


f0153703_17592521.jpg
ネットで画像を見て少し気になってたシートポストだけど、やっぱり専用品になってて、汎用品は使用不可なり。。。
固定はトップチューブの下のネジで締め込むみたい。
ヒルクラで前乗りしたいので、セットバックが少ないシートポストのオプションはあるのかを聞いてみたところ、今の所ないらしい。。。。

まぁ、そのうちラインナップされることを期待。。。
けど一気に買う気が失せた。



f0153703_17592677.jpg
ディスクブレーキ仕様のネット上の写真ではヘッドチューブからケーブルがフレーム内に収容される感じだったけど、
キャリパーブレーキはそこは使わずメクラされてた。


f0153703_17592678.jpg
うーん、惜しいぞ!惜しすぎる新型め!

f0153703_17592725.jpg
ハンドルはインテグレーテッドされてて、ハンドルの切れ角が浅くなってた。
これで輪行どうするんだ?というツッコミはせざるを得ない。


f0153703_17592779.jpg
Etapでワイヤレス化するつもりなのだけど、一応シフトワイヤーのルートを確認。
極限まで内蔵して、どこまで効果があるのか疑問だけど、空力を稼ごうとしている努力が感じられる。


f0153703_17592892.jpg
すっかり買う気が失せてしまったSuperSix Evoだけど、
隣にEmonda SLR Discが展示されてたので、こちらも観察。

アクスルシャフトのガタツキもなくて精度が出てる印象。

f0153703_17592877.jpg
リアブレーキのケーブルラインはなるほどね。
フレームはエアロ形状ではないけど、ケーブルは極力内蔵するパターンか。


f0153703_17592933.jpg
ここからケーブルが入るんだな。
ハンドルからのケーブルの取り回しが難しそうだ。
ケーブルをギリギリまで短くしても、横にケーブルがビヨーンと広がってしまう予感がする。。。


f0153703_17592936.jpg
Ultegraコンポは不要なので売っぱらってしまうことを想定して
この価格は少しだけ魅力的かな。
しかしフレームサイズが少し大きくて残念!
まぁ大抵安く売ってるフレームってサイズが大き目だったりするんだよね。


ディスクブレーキはもう少し様子を見てからになるかな。。




by maxvmax | 2019-07-13 18:25 | サイクリング関連 | Comments(0)